トップへ > 2016年07月

「3代目さくら3」


twitter Pixiv Ofuse         Contact



ORIG.ART           FAN ART
07.25 Mon

――縦の文字列の世界――

※イベント用に書き下ろした短文を載せていく(予定)
※「pixiv」様へリンクされます

-------頁の見方------
【初刊イベント名】
・タイトル
 コメント
---------------------


<高校時代>
【??】
家族の条件
 手書きの原稿を発見したので、記念と記録として開陳。
 手直しは何もしていないので、とてもお粗末です。お粗末さん。


<大学時代>
【サークル内発行の部誌】
夢遊病 -ムユウビョウ-
 特にミステリやSF小説を読み漁っていた頃の作品。
 原稿用紙的には18Pほど。
 文章は当時のままなので、誤字脱字は勘弁してください。


<2016年>
【少年エキシビット】
点と線の日常
 二人の少年が互いを意識し始めるまでを、各自目線で書いた。
 世界観が共通であると認識してもらうため、あえて文章も似通わせている。
07.24 Sun

※追記※【ドローイング展】

無料配布する冊子を忘れたので、壮絶な乗り換え争いを繰り広げながら
山手線を乗り継いでいます。
一日に原宿に2度行くなんて、修行じゃなけりゃもう絶対嫌です(*´∀`)

本日より、デザインフェスタギャラリーEASTアートピースにて、
【ドローイング展】が始まりました!

EASTの入り口に入りましたら、右斜め上を見上げた位置に
私の作品が展示してあります。
平衡感覚が絶妙にずれておりますが、ご容赦ください…。




↓追記
やらかしました。
すみません、当日は作品販売しないことになりました。
販売する場合、自分のスペースで販売しなければならないことに、
本日気づきました。

もはや、無料配布するスペースしかないため、
作品販売は後日ネットショップで行います。
申し訳ありません…。


↓無料配布の冊子はこちら。
展示してあるイラストに描かれたキャラクターたちが登場します。
8ページほどなのですぐ読めると思いますよ。
20160724164742ea6.jpg
07.16 Sat

【ドローイング展】に関しましてご連絡など

ゲリラ豪雨が頻発するこのご時世、もはや暑さ寒さも混在するのかと思うと憂鬱です(しんみり

ぼちぼち宣伝しております、デザインフェスタギャラリーでの企画展「ドローイング展」ですが、
いくつかご連絡事項ができましたので、以下の文章をご覧いただけると嬉しいです。


1)無料配布予定の短編小説について

展示されるスペースが「BOX型」であると3日前まで誤解しておりました私です…。
デザインフェスタギャラリーEASTアートピースは、壁面展示でございます。

なので、何かを配布するには壁に本体を吊り下げねばならないため、
今回、描き下ろした短編小説は「配布」ではなく、金額の付いた作品と抱き合わせで
「購入」いただく形になると思われます。

もしくは、小説本体をお手軽な値段でお売りする形になるかもしれません。
楽しみにしていらっしゃる方々には、本当に申し訳ございません。

本番にならないと、配置等どうなるかはわからないため、続報をお待ちください(´・ω・`)
もしご要望があるようでしたら、ダウンロード商品としてpixivBOOTHなどでお出ししますので、
メールをポストにガンガン投函してやってください←


2)「ドローイング展」会場への行き方について

本展示会は、【デザインフェスタギャラリーEAST・アートピース】という区画で開催されます。

ですがその前に、行きなれない方にはデザインフェスタギャラリー自体に到着するまでも
なかなかラビリンス的な道程になると予想されます。


お時間のある方は事前にWEBなどでお調べいただければと思いますが、
ひとまず私自身はギャラリーに到着してからの案内画像?を張り付けておきますので、
よろしければご参考下さい(ぇ


☆デザインフェスタギャラリー公式サイト


デザインフェスタギャラリーの基本的な正面配置。



ドアが二つありますが、どちらに入ってもギャラリーの「WEST」なので注意。



「WEST」内に入りましたら、そのまま進行して一度表に出まして、奥に進みます。
赤塗りの道?に「←EAST」と道しるべが書いてありますので、それを頼りに裏に回ってください。
というか、もう一本向こうの路地に出ちゃいます(´・ω・`)
※要は「WEST」の裏口的な位置に「EAST」があります。


「EAST」の入口です。



当日はたぶん、表からも作品が見えるのかなと。
私の展示スペースは、入ってすぐ右斜め上に視線を向ければご覧いただけます。

スペースでは展示のみ、販売物はギャラリーのスタッフ様が代行してお会計してくださるそうです。


段取りが悪くて申し訳ありません。

ドローイングがテーマということで、いつもより幾分か簡単な線で作品を仕上げています。
そのぶん、作品に世界観を付加したり、キャラクターの具現化に努めたり、
様々は分野で楽しんでいただけるようにするつもりです。

あらためまして、今企画展、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
07.09 Sat

(仮タイトル)

プロット程度に、とりあえずミニサイズで5ページ書いた。

プロット



前回、少年エキシビットで無料配布した小話は、10冊全部がなくなるという珍事が起きたので、
今回は何部をコピーしようか悩む。
07.08 Fri

『お金はあるが脳みそにシワが足りない主人公たちの物語』

デザインフェスタギャラリーで長会期にわたって行われる企画展【ドローイング展】にて、
間に合うかは定かではありませんが、懲りずに、イラストに添った小話を考え発表しようと模索中。

以前から、描いてみたいなと米粒程度に思っていた「コーヒー」をモチーフ・テーマにしようと思っています。



まず、メインキャラクター4人を考え、

おおざっぱな衣装を着せ、

鳥山明先生ばりのネーミングセンスを発揮し、

ドローイング画だからと言ってイラストへのペン入れを放棄し、

現在に至る(全容不明



↓イメージキャラクターの一部ですが、こんな感じ。

※作者は全身像が苦手です。
※作者は手足を描くのが苦手です。


コーヒーをたしなむことが大好きな主人公たち。
だがしかし、お金の力で一等地にカフェを建てて看板まであつらえたものの、
一番肝心なコーヒーを淹れるための知識だけがからっきしなのだった。

唯一の武器は、全員に備わっている”すこぶる神がかった記憶力の高さ”だけ。

主人公たちは、行きずりの人を満足させるコーヒーを淹れられるのか!?


――――というざっくりなストーリーの入り。
今週末は、紙媒体の作品を展示するためにイラストボードなどを買いに行かなければならぬ他、
付け焼刃でもコーヒーに関した知識を得ておく必要がある模様…。





期待は、50%くらいでお願いいたします(弱っ