トップへ > 2018年04月

「3代目さくら3」


twitter Pixiv Ofuse         Contact



ORIG.ART           FAN ART
04.30 Mon

Ofuse(お布施)という応援方法を考えてみた

私はセミプロにも及ばないクリエイターの端っこにいる存在ですが、
今まで、自分の生産した作品やグッズをイベントで売って得た利益で
創作活動を地道に頑張るしかないと思っていました。

自分発信で、それをどう第3者に見つけてもらい認知してもらうか、
それが創作活動をするうえで大前提だろうな、と。

ところがこの数カ月の間、ツイッターのトレンドをたどっていて、

あなたを直接支援したいファンがいる。

という選択肢を目にして、瞳孔が縦になりかけました ※非常に驚いたの意


悪い口調で言えば、パトロンにいなりたい人(ファン)や、
ファンの方からの投げ銭を期待してもいいんですよ、という解釈です。



そこでつい先日リリースされたばかりの、
Ofuse】なるサービスに登録してみました。
(すでにアイコンも作ってブログに設置してますが、ブラウザはGoogleChromeのみ対応です)

これは、クリエイターのファンが応援メッセージを送ることで、
そのメッセージの文字数が「お布施(直接資金援助)」となって送られる仕組みです。
まだ認知されて日も浅く、どんな感じにお布施が送れるのかはわかりません。

たとえば、1文字のメッセージは¥2に換算されます。
ゆえに、10文字のメッセージを送れば¥20、20文字のメッセージを送れば¥40のお布施が
クリエイターに贈られます。
(サービス手数料があるので、クリエイター本人分はもう少し減額されているかもしれません)



そもそも調べてみれば、世の中のクリエイター関連のサービスでは、
こういった「支援」の動きは目まぐるしいようです。

支援者に乗っかって――雑な言い方ですが――受け取る一方でいることは、
もしかしたら甘えなのかもしれないです。

でも、そうまでしたいファンがいるという事実で創作意欲が上がる私みたいな人間には、
本当に生の反応が受け取れること自体が嬉しいのです。


……とはいえ、作品はちゃんと質を上げつつ作っていく所存です。
展示会に参加しながら、新しい表現を探したり、もしくはもうある表現方法を磨いたりして過ごしております。

再三にはなりますが、もし、私に直接的に応援いただける方がいれば、
そういった窓口はいくらでも作りますのでおっしゃっていただければ嬉しいです。

ツイッター・インスタグラム・フェイスブックなどで検索いただければ、
ゆったり活動している私を見られると思います。
なにとぞ、宜しくお願い致します。


固くなってしまいました、ぬん(´ω`)
04.06 Fri

*企画展参加情報*

【5月】(予定)
<ギャラリーフォンテーヌ企画展>
*「物語の1シーン展」vol.3*
  会期:2018年5/28(月)~6/3(日)
   http://artculture.grupo.jp/free1976349

【6月】
<DESIGN FESTA GALLERY ArtPiece>
 *せんが展*
  会期:2018年6/3(日)~6/30(土)
   http://designfestagallery-diary.blogspot.jp/2018/02/2018-63-630.html

【11・12月】
<箱の中のユーフォリア>
 *ユーフォリア・クエスト*
  会期:2018年11月26日(月)~12月09日(日)
   https://hakolien.hakofo.com/otoga01/
04.03 Tue

4月3日の作品掲載情報

各クリエイター登録ページに久々に作品を掲載しました・*・:≡( ε:)

【This is Gallery】
http://thisisgallery.com/product/15350

【CREATERS BANK】
https://creatorsbank.com/3sakxsak3/works/338097


そもそもこうやって告知するのは初めてだったかもしれない(((