.

□  3.創作活動 □

風と共に過ぎ去った

吾輩は、もぬけの殻である。
たった1週間と言う会期の展示会のために1月から気を揉んできた、
その、プレッシャーのような何かから昨日解放された。


…はい、誰でしょうね。
私です。


少年をモチーフにしたグループテーマ展「少年エキシビット」、
ほんの22時間前に無事閉幕いたしました。

DSC_0866.jpg

DSC_0856.jpg


結局、搬入日と最終日(16時)にしか本人は会場に伺えませんでしたが、
もしギャラリーにいらしてくれた方、名刺をもらってくださった方がいたら、
この場でお礼を申し上げます。

色んな試みと、久しぶりに書いた小説(短編物語?)と、
未だに少し怖い展示料と、思い入れや思い出がたくさん浮かびます。



これは私のなおらない性格なので諦めているのですが、
どうしても展示会などの本番がやってくるまでに神経をすり減らしてしまうもので、
よく「どうにかなると思えばいいのに」と言われます(*_*)


たとえば、


1.作品を全部仕上げないと…
2.売るものは包装しないと…
3.額縁と金具を買わないと…
4.展示スペースにどうやって配置するか試しておかないと…
5.まだ何か作れるなら作らないと…
以下略。


本番前を何もない状態で迎えたいのですよね。
焦りたくないから。

もっと大きなイベントに出る方からすれば、印刷所にもお世話にならないのに
何をあくせくしてるんだと思われるかもしれません。


返す言葉もないです、すみません。





さて。










今回の「少年エキシビット」ですが、展示スペースが2mx2mと聞いた時点で、
全てを絵で埋めるのは辛いと思い、久しぶりに筆をとって「絵+文章」の構成にしようと
決めていました。

本当に一つの“世界”をつくろうと思ったのです。


まず、ふたりの主人公をつくり、各自の視点からもう一人を見るような流れにします。
絵でお客様に直感的に見てもらい、物語で納得してもらうために、ですね。



図を交えて説明すると、


DSC_0869.jpg

DSC_0873a.jpg


左の少年の名前は「幼 子守歌(おさない・ららばい)」、右の少年の名前は「玄人 達冠(くろうと・たっかん)」
と言います。

左側に添えた文章では、子守歌くんの視点で達冠くんを見ています。
反対に、右側に添えた文章では、達冠くんの視点で子守歌くんが見えています。

DSC_0872.jpg


同じ空間にいる違う主人公を表現するために、あえて文章を似せて、言葉遣いだけ異なるように編集しました。

たとえば、




A『両親が世間的に若い年代に属したためか、彼の名前はライトノベルの主人公のような、
  俗にいうキラキラネームと呼ばれる流行的な「それ」が命名されていた。』


B『家系の上層部に職人が多かったのか、彼の名前は百戦錬磨の無敗王者のような、
  俗にいうシワシワネームと呼ばれる退嬰的な「それ」が命名されていた』



といった風に。





実際に見てもらえないと伝わらないので、いくらか経った頃にこのブログかpixivにでも文章を更新しようと考えています。





…これは、友人づてに聞いて驚いたのですが。

実は、文章が展示のみだとじっくり読めないと思い、豆本として10部ほど無料配布分をスペースに置いてありました。
しかし、最終日には豆本はなかったらしく、どうやら10部すべて誰かがお持ちになられたようだったのです。

無料だったからなのか、文章が読みたかったのか、理由はもうわかりません。
後者だと胸がはちきれるかもしれませんが(嬉しさで

文章といっても素人の書いたものですし、自信があると言えば嘘になります。
ですが、ちょっとだけ、これからの作品には物語を添えていきたいという願望が芽生えたのも確かです。

要望が多ければ、長編も検討いたします…(た、たぶん







搬出に向かった最終日17日の17時、そういう流れだったかもしれませんが、
他に出展なされていたクリエイターさん方とたくさんお話しができて、
会話が苦手な私でも、とても充実した時間を感じました。


これからの課題は、墨を表現する練習、水張り、印刷所(主に文章の方で)、グッズ依頼などなど、
山積しております。




実生活でちょっと事情があり、夏にかけては内職(ネット販売、ネット展示)を主に
取り組んでいく予定です。
ネット媒体で自分の作品をアピールして、行きずりの人の興味を惹けるようになりたいと切に思います(´・ω・`)




最後に。


「少年エキシビット」用にオリジナル切手をつくるにあたって描き下ろしたイラストと、
ハンドメイドしたコルクグッズをば…。

DSC_0847.jpg

DSC_0830.jpg


ちゃんと、切手は貼ってお使いいただけます!!
コルクグッズは、正方形の作品のみ、防水加工?してありますので、ちゃんとコースターとして使えるはずです!!

購入いただいた方々、本当にありがとうございます。
*    *    *

Information

Date:2016/04/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://3sakxsak3.blog.fc2.com/tb.php/112-d11f9035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)