トップへ > 【Report】 > 生涯2回目の文学フリマへ行った私の備忘録

「3代目さくら3」


twitter Pixiv Ofuse         Contact



ORIG.ART           FAN ART
05.06 Mon

生涯2回目の文学フリマへ行った私の備忘録




最近はとんと本屋で小説を買うこともなくなりました。
ちょっと遠出してショッピング、の体でいよいよ小説・文芸書・エッセイを求めるようになるとは。
数年前には思いませんでしたね。


本日、会場を散歩して購入に至った作品はこちらです。



>左上1冊
@本の工房 ぽけっと(代表:角田敏康様) (twi@kousei_tsurun)
『さくらんぼの描き方』

 ネット販売されていた旧著の新装版が出ました、とのことで購入!
 ネタバレになるので多くは語りませんが、青春小説初心者の私にジーンとさせた本です。
 恋愛ものであり、アオハルであり、嗜好本。
 ページ数も、読み返しにちょうどいいです!

 チーズおかきもらいました(*'▽')
 ブースには、私のイラストを表紙にしていただいた本も置いてありました。
 何度も感慨にふけられる……ありがたや。


ご本人は執筆業の他、マルチに色々動いている方です。
https://www.book-atelier-pocket.com/


>左下1冊
@齋藤俊夫様
『ペンで綴るは字か音か』

 「演奏会批評集」という意識にもない書ジャンルであることを執筆者様本人から聞いて購入。
 聴く以外のアプローチから音楽を紐解いてみるきっかけになればいいな。
 本の裏表紙にビッシリと、演奏会関係者の人名や団体名が書かれていて驚嘆しました。
 ただ、本当に文字がてんこ盛りなので読破に時間がかかりそうですね。


>右上3冊
@「かきあげ!」編集部 (twi@KakiageNovel)
『傑作選集1号~いろ~』『傑作選集3号~ツボ~』『傑作選集10号~みみみ~』

 文藝バトルノベルとは?
 シンプルなポップに惹かれてブースに寄るや否や、
 おすすめ本や、「かきあげ!」の内容について熱く皆さんが語ってくれたのが面白かった。
 タイトルほいほいされた・・・とは言いませんが、
 やっぱり瞬時で興味を惹かれるのは意外性のあるワードなんだと実感しました。


>右下2冊
@おはなしつくる会(代表:筑紫榛名様) (twi@HarunaTsukushi)
『筑紫榛名の創話拾遺集(一)』『正義の味方』

 シンプルな表紙とブースのサークル様でしたが、一度通り過ぎ、
 でも目の端に引っかかった興味がぬぐえず、会場を3往復し出戻りました。

 執筆者様と立ち話少々……ひとりでも「会」であるとか、文学賞投稿に勤しんでいるお話とか。

 本当に目指してるんだな、そう感じて新刊を含めて購入。
 ご本人も穏やかで、文豪を軟化させたらこんな風になるのかなと思うキャラクター様でありました。