トップへ > 【BLOG】 > ゲーム三昧の人間が心を洗いにいく旅

「3代目さくら3」


twitter Pixiv Ofuse         Contact



ORIG.ART           FAN ART
08.15 Fri

ゲーム三昧の人間が心を洗いにいく旅

13日から夏休みに入りました。
昨日は昨日で記事にすることがあったのですが、家族の旅を先に記そうと思い現在に至る。
旅先のビジネスホテルでiPadを叩いているあたり、時代は便利になったなぁ・・・と。

両親とわたしの3人でプチ旅行に出かけるのは初めてだったかもしれません。
長野の諏訪大社というところに足を運び、4箇所の鳥居をくぐり、4箇所の本殿におまいりをしました。

14080304720.png

参拝順序はわからなかったので、ひとまずスタートは「本宮」です。
案内図の全体ですが、歩いてみるとそんなに広さはありませんでした。
14080304860.png

本殿が改装中なので余計に狭く感じたという説もありますが、
いま行けば、ハリボテの本殿の写真にお参りするという斬新な思い出ができます( ゚д゚)

これは、境内の案内係の人に勧められて触ってみた天然温泉。

14080304990.png

源泉は60度もあるそうですので、江戸っ子の方は使ってみてください(いやだ
なにやら、源泉からお湯を下に?引っ張ってくるまでに一悶着あったそうな。

14080321710.png

樹齢1000年の天まで伸びる樹木。
枝(幹?)が斜め方向に伸びているため、この先の成長では道路まで体が飛び出ないのか不安(°_°)


14080305540.png

1年に1回、元旦に叩かれるという大太鼓。
太鼓の皮は1枚皮だそうですが、1年のうちに皮が縮まないのは一級品だからなのか。


14080305380.png
崇高な風景の中の消火栓自重しろw


成長途中の梶の木。
以前の木は葉がつかなくなり伐採したらしい。
14080305940.png
葉っぱのない木も存在意義はおなじはずですが、殺生な世の中なことで・・・。

14080306250.png

14080306460.png

緑が茂った風景を見ると、否応無くジブリを思い出す、、、、、。


移動して、四社のうちの「秋宮」へ。
14080306680.png
この鳥居を通る前に入ったトイレで、ペーパーがなかったことは忘れないぜ(^ω^)

食後ということもあり、運動したかったわたしには願ったり叶ったりな傾斜です。
ちなみに覚えているのは、傾斜があったことと、本殿を加えても境内が広くなかったため、
お賽銭投げた以外に思い出がないこと!!



さくっと次の宮へ。
もう名前忘れたよごめんなさい、、、。
えっと、、、写り込んでるのは両親です(。-_-。)
14080306950.png


最後の「春宮」。
名前の付き方から、春夏秋冬の宮なのかと思ったら、前半が「本・前宮」、後半が「秋・春宮」でした。
14080307220.png

春宮だけ、渓流を登って石仏を拝みに行く労働者向けの仕様でした。
途中、階段のない廃屋のようなアパートを不意に見たら片足のない犬がいてギョッとしました・・・。
そんなところで空気読まなくてもいいのにと思ってしまい、申し訳ないです。

登頂先にいた石仏。
なんだろう、後世で職人さんがつくりました感がハンパなくするんですが、、、、(´・_・`)
14080307440.png
近くに立っていた看板の指示通り唱えごとをしたり、石仏の周りを3回まわってワン!・・・と言わなかったり、
ひたすらお金のことと自分の創作作業の向上を願ってました。

そしてその帰り、、、、

14080307590.png

可愛けりゃいいってもんじゃないだろwwwww
こののぼりだけあって、出店がすべてしまってる状況ではすべて虚しくうつりますね。


参拝も終わり、最後の小ネタ。
14080307730.png

火の用心ならぬ、火乃要鎮。




おそまつさまでした!!!!